楽曲制作・音声編集・レコーディングなら株式会社エルトリズム|東京都港区

楽曲制作・音声編集・レコーディングからプレス発注まで!

ホームお知らせ ≫ 残酷な天使のテーゼのコードワークに注目 ≫

残酷な天使のテーゼのコードワークに注目

20210322_062555000_iOS
つい先日シン・エヴァンゲリオン劇場版を見てきました。
映画の感想はここでは書きません、、、が!
今回は名曲残酷な天使のテーゼのコードワーク、メロティーに着目してみたいと思います。

といっても注目したい点はAメロの最後「いたいけな瞳」の「ソソファミファソラ♭ソ」の部分。
このメロディに対してDm7(♭5)を当てているんですね。

ここで気になるのがDm7(♭5)にミである♮9を当てていること。
それ以前までずっとCmのキーで来ているので普通に考えるとDm7(♭5) ロクリアンの♭9=ミ♭になるはず。

このミはどういう扱いなんだろうと考えていました。

色々な解釈ができると思いますが、
Dm7(♭5)に♮9が入っているということはエオリアン 5 / ロクリアン 2の機能をもっております。

Dエオリアン 5 / ロクリアン 2をダイアトニック上でC基準で見るとCミクソリディアン♭6が出てきます。

元のCナチュラルマイナーとCミクソリディアン♭6を比べると3度の音がm3なのかM3なのかの違いだけなので近しいスケールなんですね。

ですので近しいスケールから一時的に引用してきたという解釈がスマートかと思います。

ちなみにDエオリアン 5 / ロクリアン 2もCミクソリディアン♭6も
「Fメロディックマイナー」のモードになります。

Fメロディックマイナーのダイアトニックを参考までに記しておきます。

Fメロディックマイナー       Ⅰm、ⅠmM7、Ⅰm6
Gドリアン♭2           Ⅱm、Ⅱm7、Ⅱm6
A♭リディアンオーギュメント    ♭Ⅲ(♯5)、♭ⅢM7(♯5)
B♭リディアン♭7         Ⅳ、Ⅳ7、Ⅳ6
Cミクソリディアン♭6       Ⅴ、Ⅴ7
Dエオリアン♭5/ ロクリアン 2  Ⅵm(♭5)、Ⅵm7(♭5)
Eスーパーロクリアン(オルタード)  Ⅶm(♭5)、Ⅶm7(♭5)、Ⅶdim7

小難しいことを書いてしまいましたが単純に「m7(♭5)に♮9をあてるのは有りだ!」で良いと思います。

m7(♭5)に♮9をあてる考え方は昔からありジャズで有名な星影のステラ Stella By Starlightなどでも使われています。

アニソンを代表するこの曲。 キャッチーに聞こえますがAメロでこんなことになっていたんですね。


※m7(♭5)に♮9をあてられる理由に関してもっと良い考え方をお持ちの方はメールでご意見お待ちしております。
2021年03月23日 15:33

会社概要

会社名

株式会社エルトリズム

住所

〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F

電話番号

03-6822-7730

電話受付時間

10:00~18:00

モバイルサイト

株式会社エルトリズムスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら